退職までの流れ

会社を辞める際の退職までの流れって、どんな感じなんでしょうか?

会社の辞め方も人それぞれ違うので一概にはいえませんが、
社会人として円満退社を目指すなら、一般的には次のような流れになるでしょう。

まずは、辞めることを直属の上司に伝えます。

法的な規定では二週間前までに伝えることになっていますが、
会社の規定では1ヶ月前となっていることが多いです。

仕事の引き継ぎのことなども考えると、1ヶ月前くらいに伝えた方がいいでしょう。

会社の事情によっては、
繁忙期が終わるまで退職を待ってほしいといわれることもありますが、
これは拒否することができます。

ただ、円満退社は難しくなってしまうかもしれませんね。

退職日が決まったら、退職届を提出します。

退職までの間に、自分が退職しても他の社員や取引先などに迷惑をかけないように、
引継ぎを行います。

また、デスクやロッカーなど、使用していたスペースがあれば掃除して、
私物を持ち込んでいた場合には持ち帰りましょう。

逆に、会社から支給されていたものは私物にしてはいけないので、
名刺、制服などは勤務最終日に返却します。

そして、離職票、年金手帳、源泉徴収票、雇用保険被保険者証などの
必要な書類を受け取ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です