AGAとタバコの関係

AGAとタバコは関係しているといえます。

というのも、毛母細胞と血管、血液の流れというのは、
育毛の発達や抜け毛予防において、とても重要な意味を持っているからです。

タバコにニコチンという体に悪いものが含まれているのは、
みなさんご存じだと思いますが、一酸化炭素という有害物質も発生させます。

これらの悪性のものは、血液の循環の妨げになってしまい、
血流が悪くなってしまうのです。

そうすると、毛母細胞と呼ばれる髪の毛の発達に関係している細胞に
栄養分が十分にいきわたることができずに、抜け毛などが起こってしまいます。

タバコが原因でAGAを発症したという男性はとても多く、
発症してしまってからタバコを止めたところで、AGAを治すことはできません。

かといって、AGAを発症してからもタバコを吸い続けると、
AGAは進行性の脱毛症ですから、ますます髪の毛が薄くなってしまうでしょう。

体に悪影響を及ぼすタバコは、できることならAGAを発症する前に止めてください。

もう既に発症していたら、今すぐに止めることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です